おーるニュース

一般ニュース
芸能、お笑い
あなたの知りたい、読みたいを
発見する情報を配信しています。

    2021年01月



    2021年1月27日、新華網は、日本政府が新疆ウイグル自治区の状況について「ジェノサイド(大量虐殺)とは認めていない」との認識を示したことに対する、中国外交部報道官の反応を報じた。
    記事は、米国政府が新疆ウイグル自治区における中国政府の行動を「ジェノサイド」と表現したことに対し、日本の外務省担当者が「日本政府としてジェノサイドとは認めていない」との認識を示したと紹介した。
    そして、27日の中国外交部記者会見で、この件における日本政府の見解について質問を受けた同部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が「新疆に対する『ジェノサイド』という表現は紛れもないアンチテーゼ(敵対的主張)であり、反中勢力が意図的に振りまいているウソだ」との認識を示した上で、「大多数の国が、客観的かつ公正に新疆の発展、変化や中国政府による新疆の安定化、富裕化政策を見ていると信じている」と述べたことを伝えた。
    日本政府が米国政府に同調せず「ジェノサイドとは認めない」との立場を示したことが中国のネット上でも広く注目され、中国版ツイッター・微博のトレンドランキングでも1位に入った。
    中国ネットユーザーはこの件について「近ごろ日本のコメントはかなり客観的になっている」「米国にしてみたら『おいおい、約束と違うだろう』ってとこだな」「日本っていうのはいつもこっそりとすごいことを仕出かす印象だ」「日中両国間の理解や包容性が一層高まることを望むよ」「よし、日本から牛肉を輸入していいことにしよう」など、日本政府の見解を評価し、歓迎するコメントを多く残している。
    一方で「歴史を考えれば、警戒を緩めてはいけないぞ」とし、今後も引き続き注視して日本政府の姿勢を見極める必要があるとするユーザーも一部に見られた。(翻訳・編集/川尻

    27日、新華網は、日本政府が新疆ウイグル自治区の状況について「ジェノサイドとは認めていない」との認識を示したことに対する、中国外交部報道官の反応を報じた。写真はウルムチ。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 upload.wikimedia.org)


    どっちつかずがいいのかな?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(中国ニュース)新華綱 ウィグル自治区の中国政府の行動、米国政府「ジェノサイド」と表現、日本政府「ジェノサイドと認めていない」中国ネットで注目】の続きを読む


     打ち合わせに出向いたら虚無の時間を過ごした体験を描いた実録漫画が、驚きや共感の声を多数呼んでいます。意外と似たような体験をしたというクリエイターは多いようで……。

    【画像】漫画を全ページ読む

     漫画を公開したのは、漫画家のも~さん。「どうしても直接打ち合わせがしたいので事務所まで来てほしい」といわれたため、依頼主の事務所に出向いたときの話を描いたものとのことです。

     会ってみると、「絵が描ける人だと聞いてぜひお仕事を依頼したい」と、明るい表情を見せる依頼主。早速どういった内容になるのか聞いてみると、スンとした表情になり「まだ分かりません」との返答が返ってきました。ん……?

     まだ内容は決まっていないらしく「絵のことは全く分からないので……何かしらやりたいとは思っているのですが、よく分かりません」とのこと。困ったも~さん、展開やデザイン、好きな作家を聞いてみたりサンプルのイラストを提示しても返答は全て「全く分かりません」でした。なぜか誇らしげな表情の依頼主。

     失礼を承知で絵が分かる人と話をすすめることはできるか聞いてみると、「今日はとにかく一緒に仕事がしたいと伝えたかった」「お金はあまりないが大きな実績になる」「何か思いついたらここへ来てサッと描いてもらえれば」とのこと。「便利屋じゃないので」と言いかけた言葉を飲み込み、企画と予算が固まったら連絡するよう伝え帰って寝ることにしたのでした。なんてこったい……。

     この漫画にネット上では、「悪意のない善人ってこんな感じよな」「まじ失礼」「僕もふわっとした無意味な打ち合わせに呼ばれてわざわざ神戸まで通った事がありました」「クリエイターなら多かれ少なかれ会ったことあるんじゃなかろうか、こういう感じの人」「わいクリエイターではないけど、まさに今日これで真顔になった」といった声が寄せられていました。

    画像提供:も~さん

    ええ……


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 3.bp.blogspot.com)


    ある程度の流れを決めて、打ち合わせってするもんじゃあないの?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(悲報)「どうしても事務所まで来てほしい」と言われ、打ち合わせに出向いた漫画家、相手に何を聞いても「分かりません」ん?】の続きを読む



    2021年1月27日、新華網は、日本政府が新疆ウイグル自治区の状況について「ジェノサイド(大量虐殺)とは認めていない」との認識を示したことに対する、中国外交部報道官の反応を報じた。
    記事は、米国政府が新疆ウイグル自治区における中国政府の行動を「ジェノサイド」と表現したことに対し、日本の外務省担当者が「日本政府としてジェノサイドとは認めていない」との認識を示したと紹介した。
    そして、27日の中国外交部記者会見で、この件における日本政府の見解について質問を受けた同部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が「新疆に対する『ジェノサイド』という表現は紛れもないアンチテーゼ(敵対的主張)であり、反中勢力が意図的に振りまいているウソだ」との認識を示した上で、「大多数の国が、客観的かつ公正に新疆の発展、変化や中国政府による新疆の安定化、富裕化政策を見ていると信じている」と述べたことを伝えた。
    日本政府が米国政府に同調せず「ジェノサイドとは認めない」との立場を示したことが中国のネット上でも広く注目され、中国版ツイッター・微博のトレンドランキングでも1位に入った。
    中国ネットユーザーはこの件について「近ごろ日本のコメントはかなり客観的になっている」「米国にしてみたら『おいおい、約束と違うだろう』ってとこだな」「日本っていうのはいつもこっそりとすごいことを仕出かす印象だ」「日中両国間の理解や包容性が一層高まることを望むよ」「よし、日本から牛肉を輸入していいことにしよう」など、日本政府の見解を評価し、歓迎するコメントを多く残している。
    一方で「歴史を考えれば、警戒を緩めてはいけないぞ」とし、今後も引き続き注視して日本政府の姿勢を見極める必要があるとするユーザーも一部に見られた。(翻訳・編集/川尻

    27日、新華網は、日本政府が新疆ウイグル自治区の状況について「ジェノサイドとは認めていない」との認識を示したことに対する、中国外交部報道官の反応を報じた。写真はウルムチ。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 upload.wikimedia.org)


    どっちつかずがいいのかな?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(中国ニュース)新華綱 ウィグル自治区の中国政府の行動、米国政府「ジェノサイド」と表現、日本政府「ジェノサイドと認めていない」中国ネットで注目】の続きを読む


    誰のために日本国民は何をこれ以上辛抱しなければいけないということなのでしょうか。詳細は以下から。

    国際オリンピック委員会IOC)のトーマスバッハ会長が現地時間1月27日IOC理事会後の記者会見東京五輪を中止や再延期を行わず、予定通り開催することを再度明言しました。

    その中でバッハ会長は日本国民に対し、予定通りの五輪開催について「どうか辛抱してほしい」と要求しています。

    バッハ会長は「我々の任務は大会の開催で中止ではない。中止や再延期の臆測は一切否定する」と強調。「一人の人間としては、開催を懸念しイメージできない気持ちも分かる。ただ、『できるか』ではなく『どう開催するか』を考えられる理由がいくつもある。日本政府とIOCは先を見据えて動いている」と話しています。

    記者からの「開催することを無責任と感じないのか」との質問には「安全に開催できない、無責任と感じたら開催には向かわない」と反論しており、IOCとしては安全な開催が可能だと認識していることを明言。

    また、無観客開催については「まだ答えられない。ただ、安全に開催するために必要な措置は全てとる」としたものの、決定の期限に関しては明らかにしませんでした。

    NHKの1月13日の世論調査では、「開催すべき」は16%で前月から11ポイント減り。「中止すべき」と「さらに延期すべき」をあわせるとおよそ80%に上っています。

    また、さらに直近の朝日新聞の23、24日の世論調査では、「再延期」が前月から18ポイント増えて51%となり「中止」の35%とあわせて86%に、「今夏の開催」は19ポイント減って11%にまで減っており、国民の8割から9割が強行開催に反対しているのが現状です。

    特に新型コロナ首都圏を中心に医療崩壊が深刻化し、自宅療養のまま死亡するケースも相次ぐ現状で、東京五輪のために医療スタッフ1万人を無償で徴用するといった負担は多くの人にとって許容できるレベルの話ではありません。

    バッハ会長が日本国民に対して要求した「辛抱」により、いったいどのようなメリットがあるのか。何のために何を「辛抱」しなければならないのか、明らかにされなければ納得が得られることはなさそうです。

    【「東京五輪は何が何でも絶対やる、日本国民は辛抱しろ」IOCバッハ会長が要求】を全て見る

    「東京五輪は何が何でも絶対やる、日本国民は辛抱しろ」IOCバッハ会長が要求


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 prtimes.jp)


    これ以上、何をどう「辛抱しろ」というのでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(悲報)国際オリンピック委員会(IOC)のとーます・バッハ会長、「どうか辛抱してほしい」と日本国民に要求】の続きを読む


    新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が感染拡大して以来、生活必需品といえるほどの存在になったマスク

    これまでは毎冬に風邪やインフルエンザの対策として着用するくらいでしたが、2020年は夏も着用が必須とされる状態でした。

    2021年1月現在も感染は拡大し続けており、マスクが必須な状況は変わりません。

    『不織布マスク警察』が話題に

    コロナウイルスが感染拡大し始めた頃は、使い捨てできる不織布マスクの生産が追い付かず、数か月の間マスクが全国的に品薄状態になりました。

    そのため、代替品として洗って何度も使える布マスクやウレタンマスクを使う人が増加。これらのマスクは「不織布マスクより感染防止の効果は低いが、ないよりはいい」とされています。

    不織布マスクの供給が足りていても、「何度も使えるから」「デザインがいいから」といった理由で布マスクやウレタンマスクを使い続ける人が多く存在する現在。

    そういった人たちに対し強い言葉で非難をする、通称『不織布マスク警察』がネットで話題になっています。

    「なんで効果が低いとされているウレタンマスクをするんだ」

    「ウレタンマスクや布マスクをするなら、上から不織布マスクを重ね着けしてほしい」

    ウレタンマスクや布マスクを着用している人に対し、そういった言葉を投げかける『不織布マスク警察』。

    最初の緊急事態宣言が発令された際も、マスクを着用していない人を自分のルールで厳しく取り締まり非難する、通称『マスク警察』が話題になりました。

    今回の『不織布マスク警察』は、『マスク警察』がさらに過敏になったものといえるでしょう。

    マスク未着用の店員を、客が110番通報 『マスク警察』の言動に「怖すぎる」の声

    不織布マスクの感染防止効果が高いことを受け、中には不織布マスクの着用を呼びかける施設もあります。その場合はルールとして定められているため、従うべきでしょう。

    しかし個人が勝手にルールを決め、取り締まるというのはおかしな話です。また体質の問題など、人によって不織布マスクを着けられない事情もあります。

    『不織布マスク警察』の出現を受け、ネットからは「ついに出てきたか…」「無意味な争いが起きないといいな」といった声が上がりました。

    本人は善意で取り締まっているのかもしれませんが、人にはいろいろな事情があると理解し、自分の考えが正解であるという認識を改めてほしいものです。


    [文・構成/grape編集部]

    ※写真はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 art5.photozou.jp)


    いろんな警察になりたい人が出てきますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(警察現る)個人が勝手にルールを決め、取り締まる「不繊布マスク警察」出現、次は何警察?】の続きを読む

    このページのトップヘ