テリー伊藤

12日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、テリー伊藤が新型コロナウイルス感染拡大について報じるテレビメディアについて苦言を呈すシーンがあった。

■TVメディアの報道姿勢に苦言

新型コロナウイルスについて「いくつか言いたいいことがある」と切り出しテリー伊藤。厳しい表情で、「テレビの中継で、銀座とか新宿とか丸の内とか出てきて、静かになってますよねって映像がありますよね。全く意味ないです」と話す。

続けて、「あそこには人がいないんですよ。あそこにいた人達がどこに行ったかというと、住宅に戻ってって、近くのホームセンター、商店街は今凄い人気ですよ。例えばこんなことがあります。茨城の近くに住んでるパチンコ好きな人たち。中毒になってるから、みんな、車乗って茨城でパチンコやってんですよ」と持論を展開する。

そして「だったら、パチンコ屋の前の中継や商店街の前の凄い混雑のところの中継のほうがよっぽどいいのに、いつまでたってもスクランブル渋谷の人がいないとこ、東京駅の人がいないとこ。『人がいませんね』ってそんなことやってどうすんですか」と怒りを見せた。

関連記事:今『ココス』のテイクアウトがお得 「子供がいる家庭」に激推ししたいワケ

■「僕らは加害者かも」と持論

厳しい表情を崩さないテリーはさらに「僕らは被害者じゃないんですよ。僕らはじつは加害者かもわかんない。僕らはコロナ菌を持っているかもわかんない」と指摘する。

そして、「みんな自分のなかでコロナ菌を持ってるという意識のなかだったら、僕はホームセンターも行けないと思うんですよ。そこのところで気晴らしに行くんじゃなくて、自分が持ってると。その意識を持っていないと、これはね、変わっていかないと思いますよ」と警鐘を鳴らした。


■反応は賛否両論

「茨城へパチンコに行く人がいる」「商店街やホームセンターが混雑している」という指摘はあくまでもテリー伊藤の持論で真偽は不明だが、ネット上では賛同者も目立つ。

「本当にそう思う。地元の川や公園に人が増えていると感じている」「都市部に行かなくなっただけなのは理解できる」と同調の声が上がった。

また、メディアに対する苦言についても、視聴者から「確かに人のいないところばかり撮影しても仕方がない」「様々な場所を取り上げて議論するべきだ」との声が。

一方で、「人の多い場所を映しても意味がない」「集まっていることを叩いても仕方がない」「パチンコホームセンターに行っているという明確なデータはない」と反論も出た。

■TVメディアの報じ方に一石

新型コロナウイルスについては「テレビメディアの報じ方」にも様々な意見や批判がある。プロデューサーテリー伊藤の立場から見た「報道の問題点」に、共感した視聴者は多く、一石を投じる形となったようだ。

・合わせて読みたい→ドラックストアの「開店時マスク販売中止」に称賛の嵐 理由と現状を取材した

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

テリー伊藤、外出自粛を報じるTVに苦言 「人がいない場所映しても意味ない」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

テレビはもう不要どころかマイナス。誰もいない街を写してSNS映えを狙ってる野次馬と大差なくなった。フェイクや買い占め煽りも多い。


大勢で撮影してるテレビも不要じゃないかなー


外に絵を取りに行くこと自体が無意味…と云うより有害だろ


混雑したところに取材に行った記者がウイルス貰って局に持ち帰ったらどうする? 


テレビに飯食わせてもらってるテリーがこんなこと言うのもな


今の国民全員に共通する(ゴー道同意者などの例外を除いて)意識はいかに我々が自粛するかであるからパ*ホームセンターを休業に追い込めれば自粛派の勝だな


テレビはもう社会にとって必要ない。緊急事態宣言下の今は、不要どころか社会にとってマイナスだろ。無駄に人集めて感染拡大して、嘘まみれの無駄な映像を垂れ流す。特にニュース番組は無駄が多い。これを機にアナウンサーを読み上げソフトにして、ニュースを淡々と読み上げるだけの番組にすればいい。


風刺か何かで日本人は「皆がしているから」に弱いってあったように、皆自粛してるって見せられた方が自粛はすると思う。逆に多いとこ見せちゃうと「あれ?でてもいいんじゃね?」ってやつが増える気がする。


老害たちが不安をあおる一方で、連中の息子ほどの年齢のヒーローたちは子供たちに元気と勇気を呼び掛けていた


お前も外出てるじゃねえか