北米では野生のクマが民家に出没することも珍しくない。しかしこのほど「クマが出没した」と通報を受けて駆けつけた保安官代理が、2頭の子グマがじゃれ合う姿を見て黙って彼らが去るまで見守ることにしたという話題がアメリカから届いた。『The Dodo』などが伝えている。

カリフォルニア州ロサンゼルス郡保安局クレセンタ・バレー支局のFacebookで、先月9月30日に投稿された動画が話題を呼んでいる。通報を受けた保安官代理が現場で撮影した動画には、2頭の子グマの姿が捉えられていた。

クマが出没したのは同州ラ・カナダフリントリッジの住宅地で、現場に向かった保安官代理に緊張が走ったことと思われるが、彼らが目にしたのは2頭の子グマが夢中になって遊んでいる微笑ましい姿だった。

保安官代理は、子グマは危害を加えることは無いと判断し、付近に母グマがいたこともあり2頭をそのまま見守ることにしたそうだ。後に子グマは母グマと一緒に森へと戻っていったとのことだ。同局のFacebookには次のように綴られていた。

「同局の保安官代理が通報を受けて、ラ・カナダフリントリッジ付近に向かいました。現場に到着した彼らは2頭の可愛い子グマが楽しんでいる様子を目にしました。母グマが付近にいたこともあり、そのまま2頭が遊びに飽きるまで、そっと見守ることにしました。」

この子グマの姿に癒された人達からは、次のような声が寄せられた。

「なんて、可愛らしいの! 彼らが森にちゃんと帰れたことを願っています。」
「どこに行ったらこの子グマ達に会えますか?」
この子グマ達、見たかったなぁ。」

しかしながら同局では「クマに遭遇したら目を合わさず、走らずにゆっくりとその場から離れるように」「クマが近づいてきたら両腕を広げて自分を大きく見せ、大声で怒鳴る」など、いくつかのクマから身を守るための対策をあげて注意を促している。


画像は『Crescenta Valley Sheriff’s Station 2020年9月30日Facebook「Our Deputies responded to a call in the City of La Cañada Flintridge regarding bears in a neighborhood.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 t3.ftcdn.net)


小熊のじゃれあい、確かに可愛いです。粋なはからいでした。

<このニュースへのネットの反応>

画質が抜群すぎて笑うw メッチャええカメラ使てんやん。


日本ではスーパー内に現れた


小熊相手に下手に手出しして母親を怒らせたら洒落にならんし、これは正解だったな。


有能すぎる。


でも次も来るようなら罠仕掛けて射殺かな…


脅すぐらいはしたほうがいんじゃない?次きて住民が*だら責められてしまうのは保安官やろ。


子熊かわいいけど、うかつに近づいたら親熊が子供を守る為に襲ってくるから冗談抜きで怖い。何でも人が熊に*れた事件は子熊を見つけかわいいから近づいて親熊に襲われた事件がかなり多いんだとか…。


小熊が近くに居るということは確実に親熊がいるので、ここで下手な行動打って町中に被害が広まるくらいなら見て見ぬフリをするのが正解よ


やるなら親熊と子熊を同時に全処理する事が求められるからね、でもこうして動画に収められると「これは酷いのでは」という声がどうしても上がる、熊の対応に対して考えてはいけないのは「これは可哀想」だと言うけど、直接被害に合ってない人にそれを求めるってのは難しいね…


再び人里に近づかないように怖い思いをさせて追い払うのがクマのためにもいいと聞くけど


人も熊も生態系の一部...かつてオオカミを乱獲して草食獣の繁殖を促し森林被害を増大させ生態系を破壊した教訓が活きているんだろうねd(--


クマと共存する地方の常識。「子連れのクマは脅してはダメ」。凶暴化した母クマは、一度は逃げても、他の人間に襲い掛かる危険がある。


これここを自分の縄張りの一部と考えてまた来るようにならない…?


残念ながら日本では射殺案件です。ですが、米国では多くの人間が射*れ続けています。人の命よりクマの命が重い米国ならではのエピソードですね!