1970年代からカウンセリングに関わり、現在も第一線で活躍する公認心理師・臨床心理士の信田さよ子さん。長年にわたり積み重ねてきた知見が結晶した新刊が上梓された。本書では、私的な領域とされている「家族」と、公共空間の上位に位置する「国家」とが、〈暴力〉という観点で見たとき、どのように繋がっているかを明らかにしている。

「これまで多数の著書を出版してきましたが、現役のカウンセラーとして、自分の意見を公表するのにはためらいがありました。今回のように自分の信念をストレートに書くのは初めてです。コロナ禍での出版となったのは偶然ですが、国の対策が個人の生命を左右する現実は、本書のテーマとも深くかかわっています」

 2020年度のドメスティックバイオレンス(DV)相談件数は、昨年11月までの総数で13万2355件と、過去最多となった。コロナ禍の外出自粛により、家族内の暴力が増加したのだ。

「私のカウンセリングセンターでは、昨年春の時点では、自粛の影響もあるし、クライエントが減るかなと思っていたんです。ところが実際は逆でした。これまで目をそらしていた問題に向き合わざるを得なくなった人が増えたのでしょう」

 DV加害者は圧倒的に男性が多い。それは何故なのだろうか。

「DVの世代間連鎖は男性の場合はっきりしています。DV加害者プログラム参加男性の多くが、父親のDVを目撃しています。父親の暴力を見て育った男性の場合、父のようにはなりたくないと思いますが、思春期を過ぎると変化します。体格的に父親を超すようになると、今度は『あの時の親父の気持ちがわかる。母親にも悪いところがあった』と同じ男性として父親を許し、暴力を肯定してしまう。そして家庭を持った時に繰り返してしまうんです」

 信田さんは、第二次世界大戦後、日本における家族内の暴力は増大したのではないか、という。

70年代半ば、精神科病院でアルコール依存症者と出会ったのですが、中には戦争から帰還した人もいました。上官から暴力を振るわれたり、死の恐怖を紛らわせるために無理やり酒を飲まされた、それがきっかけで気づけばアルコール依存症になっていた、と聞かされたものです。戦争が終わるとアルコール依存症が増えるといわれます。日本に帰ってきた彼らは、今度は酔って妻や子どもに暴力をふるう側になった。戦争によるトラウマが、戦後に家族への暴力につながったと思います」

 こうした仕組みに気づいたのは、90年代末に、女性学を学んだことがきっかけだったという。

「上野千鶴子さんの『近代家族論』のゼミを聴講し、ふつうの家族とは、明治以降歴史的につくられたものだと知ることで、家族のとらえ方が根本から変わりました。力の不平等な関係という視点でとらえると、DVや虐待は個人の心の問題ではなく、支配による構造的暴力として浮かび上がったのです」

 コロナ禍で削減された非正規雇用の多くは女性だという。身体的・経済的に危機が迫った場合、どうすればよいのか。

「逃げることも抵抗のひとつだと思います。そのためにはふだんから自分の味方になってくれる人と、最低限のお金は確保しておいてほしい。もちろん、利用できる援助機関の情報も忘れずに」

のぶたさよこ/1946年岐阜県生まれ。公認心理師・臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長。日本公認心理師協会理事、日本臨床心理士会理事などを務める。著書に『母が重くてたまらない』『依存症』など多数。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月15日号)

『家族と国家は共謀する サバイバルからレジスタンスへ』(信田さよ子 著)角川新書


(出典 news.nicovideo.jp)

体力的な問題と男性と女性の脳の違いだと・・・

<このニュースへのネットの反応>

精神的DVなら多分夫の被害者も多いと思うぞ。だいたい我慢してるか、手を出してしまって加害者扱いされてるかだろうけど。


高島ちさこさんのように、父親からの体罰で育つと、男の子はハズレと言いなからゲーム機を壊す母親に育ってしまいますし、殺人鬼エド・ゲインの母親オーガスタは父親からの厳しい躾と体罰に晒されて育ち、性行為への異常な嫌悪を抱く独善的な女性となり、意図してエド・ゲインを異常者に育て上げました。このように暴力による負の感情は連鎖すると言えます。断ち切りましょう。


女側が検挙・逮捕されてないだけの話。怖いなぁ、女さんを日本から追い出そう。


腕力の加虐は立証しやすいから女性の被害数が統計的に多くなるのは正しいかもしれん。でも、腕力で抗えない女性による精神的な加虐は数字に入っているか?えてして耐え忍んでDV被害を訴え出ないのは男性の方が多い物だが。何がアホらしいって、性犯罪では女性側は申告し難いから統計に表れない数字がどうこう言う連中が、同じ論理でDVでは統計上の数字だけで物を語って決めつける点。


■虚偽記事、報道犯罪お疲れ。まず「件数」がナンセンス。日本は人口ランキングで世界10位の「人口大国」だから、「分母」が大きい。 人口に比べれば20000件など焼け石に水。 また、セクハラ、ストーカー、DVは、毎年毎年「定義」を変更し、「数字が増えるよう」調整してる。なぜなら、日本からDVやストーカーがなくなったら、困る人(NPO法人)がいるから。


DVは、人権屋・マスコミ・日弁連・公明党などがグルで作った、酷い造語、レッテル貼り。「ドメスティック」と言う日本人が聞き慣れてなくて、オドロオドロしい響きの言葉で脅迫しようとする、印象操作、世論誘導の魂胆がミエミエだろう。 ドメスティックとは「近親者」だ。だからドメストと言う洗剤がある。バイオレンスと言う言葉選びも悪意丸分かり。モンスターペアレントと同じ


▲DVは文字通り【家庭内暴力】であり、本来「児童虐待」を示す言葉だったが、日本の女性団体(公明党女性部&日弁連)が、日本に持ち込む際、わざと意味を組み替え、「DVとは男が女にやる事だ」と大嘘の喧伝をした。 DVは「虐待」文字通り「虐げる待遇」を意味する言葉なので、例えば夫の小遣いが少な過ぎる、ヘソクリを使い込む、等は「妻による夫へのDV」


(男の)子供、老人、障害者、でも乗れる「女性優先車両」が当初の名称だったのに、公明党&日弁連の圧力で「女性専用車両」に変えられてしまった。「DVの定義」も同じ。家庭内暴力の意味だったのに、なまじ聞き慣れない英語や略語だった事に付け込まれ、「DVは女性専用」に摩り替えられた。


日本では「男性が、女性や妻に暴行された時」は、警察に訴え出ても信じてもらえないし、「DVシェルター」は、「女性専用」とされ、職員に追い返されます。そもそも恥ずかしいので相談できないし、「ダラしないw」と話を逸らされるし、逆襲すれば自分が加害者扱いされ、泣き寝入り。


児童虐待もDVも、それを扱ってる省庁やNPO団体が得をするよう、件数を水増ししてる。*らしい話だ。茶番。 「デートDV」なんて造語までしちゃうからな。結婚してないならD(ドメスティック)じゃないのにw(ドスティック=近親者)


男が訴えてこなかったのも大きいだろう。男性側が被害にあってる事を口に出しても「男らしくない」で今まで済ませてたんだから。


男性被害者は声を上げない人が多いってだけでしょ


泣き寝入りってのもあるんだろうけど大方は肉体的戦闘力が男のほうが強いから


男の場合、恥だと感じてしまう人も少なくないんだろうね…。


女性からのDVをDVと認めず、ただの家庭問題としてしか取り上げてないからでは?


ねぇわ。裁判所や警察がDVにしてないだけだろ。


こういうの見ると恋愛も結婚も幻想だと思うわ


女側がDV加害者とかwww みたいな扱いされてるせいだろ


社会が女性からのDVをDVと認めないからでしょ。


蓮舫の、夫はペット以下がDVにならない所を見ると 女→男へのDVは余程のものじゃないと認められないって所では?


相変わらずフェミは気持ちが悪いな。偏見たっぷりのフィルターを通さないと社会を見れない。だから嫌われんだよ


つい最近まで物理攻撃しかカウントしてなかったし、今でも物理以外はDVではない何かとして扱う。証拠が残るほど殴れる身体能力がある女性は少ないし、一発殴られたくらいでDV認定してもらえる男性も少ない。永久にDV加害者=男性の認識は払拭できないよ。


男性被害者を門前払い状態にしている社会構造なのだからその様な統計になるのは当たり前。暗数はかなり大きいだろう。


女性は料理にいろんな物入れて溜飲下げてるから


DVに限らず他人に危害を加えるのは男に多い。犯罪は大抵男が起こしてる。


DVにされないだけで実際はもっと多いだろうよ。まあ男が訴えなかたったり、精神的DVにキレて反撃したら男側のDVにされたりなんて案件も多いんだろうけど。


精神科の病院に来るDVがらみの患者は男女同じ位だそうだ。


女性がするDVは逆DVだからね


男は妻を赦してナンボ、情けない!で終わってるからだろ……どんな些細なことでも夫に対するDVだ社会的に制裁すべきーって女と同じように扱ってこそ男女平等


だってテキトーな理由つければ、妻の暴言も酷い夫に対するささやかな反抗に早変わりだもんな。いやー素晴らしい男女差別ですね。


学生時代、女子に囲まれて蹴られたり裸を撮影されたりしたけど、先生は信じなかった。それが事実なら反撃すればいいだろうと笑った。けど、拳を振り上げて追い払っただけで「女に手をあげる最低男」と皆は罵倒する。学校が社会の縮図というなら、つまり社会はそういうものなのだ。


養育権と同じで女の攻撃は男が悪いとカウントされないからですよ、その証拠に前提条件に性差別のある統計ではなく、オレンジリボン運動の子供の虐待統計、誰にやられたかを数える児童暴行は半々、虐待死に至っては女7割を超える、攻撃性は女のほうが高いんですよ、


この厚労省のデータですら完全でなく、子供が発達障害の認定を受ければ虐待認定を回避できます、ヤフコメなど芸能ニュースが伸びるほかのSNS等では虐待擁護女が子供を殴る権利を普通に主張するので当然の母親の児童虐待が多くなります、子供のような弱い立場が被害にあうのと同様にDVなど男が弱い立場に落とされ女が優遇される立場になれば統計には出ない同様の被害が発生します


令和になってもDVへのアドバイスはアホの一つ覚え『逃げれば?』。逃げ切れないから困ってるのにな


コロナでDV件数が増えたのは、嫁(今日もあのATM家にいんのかよ…昼飯つくんのたりーなー、外にも食いにいけねえし、はよ会社行ってくんねえかな(イライラ))って思ってるから。我慢できずに嫁が手を上げるか、旦那に感づかれて手を上げられてるかの違い。同じ空間にいると不快な存在なら別れたほうがいい。